オランダ アムステルダム日本人幼稚園
チューリップ学園
 Stichting Tulip Gakuen School
  Schweitzerlaan 4
1187 JD AMSTELVEEN
The Netherlands
Tel:020-6615182  Fax:020-6615177
E-mail : info★tulipgakuen.nl
★を@に変えてください。 
 
現在のオランダ時刻


チューリップ学園は、オランダで唯一の日本人幼稚園で2000年に年少、年中、年長児のための全日コースをスタートいたしました。場所は、オランダの首都アムステルダムの南に隣接し、日本人の駐在家庭が多く住んでいる静かな環境のアムステルフェーン市に、位置しています。空の玄関口・スキポール空港からバスや車で15分ほどです。近隣には、日本人が1800名ほど住んでおり、ほとんどのオランダ人が英語を話しますし、日本食も手に入りやすいので、日本人がとても住みやすいと言われています。
ところで、皆様、母語の大切さをご存知でしょうか。母語とは、お子様がご両親から話しかけられ生まれて初めて出会い、人間形成といった成長の基礎となる言葉です。母語が年齢相応に育っていないと、外国語でも日本語でも自分の表現したいことが表現できずに情緒不安定になったり、思考力や人間形成上に深刻な影響を与えたりすることもあります。人間形成の基礎がほぼ決まると言われている幼児期には、心の安定が必要であるとともに、理解力や表現力を伸ばすことが大切です。今後の学びのためにも、母語をしっかり身に着けさせたいものです。また、幼児期は、友達との多様な遊びを通して体で学ぶ時期です。自分の存在が周りの大人に認められ、守られているという安心感や信頼感を持つことによって、気持ちが安定し、自立へと向かっていきます。
そこで、チューリップ学園では、3,4,5歳児のための、日本の幼稚園指導要領の趣旨に基づいた全日コースと、現地校などに通われているお子様のための週1コースを、開設しています。また、プレイルームとして、2歳から3歳のお子様を中心にした保育も行っております。また、専門講師による、専科や課外教室なども充実しております。詳しくは、コース案内をご覧ください。なお、保育の目的や、詳しい内容などにつきましては、入園のしおりをご覧ください。せっかくの海外生活ですが、今後の生きる力を育むためにも、母語である日本語環境での教育が必要と考えています。チューリップ学園では、言葉の壁を持たずに、日本語を通して保育にあたります。教師みんなで、一人ひとりの乳幼児の行動に暖かい関心を寄せ、心の動きに応答し、ともに考えていく、それをモットーにしています。
 園 長 : 立花 三枝
このホームページ〔www.tulipgakuen.nl〕内の記事・画像等の著作権は、チューリップ学園に帰属します。
無断での転載をお断りします。本園ホームページへのリンクなど、ご質問、ご不明な点やお問い合わせ等がありましたら、当園へご連絡ください。
 Copyrights(C)2007-2017 Tulip Gakuen School All rights reserved